VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#429 『Universe Blue [Soyuz MIX]』(並木学/作戦名ラグナロク/AC)

www.youtube.com

NMKが手がける横スクロールシューティング・作戦名ラグナロクより、

さんたるること並木学作曲、『Universe Blue [Soyuz MIX]』。2面と5面道中の曲。

アーケードゲームとして、SNKの業務用NEOGEO・MVS向けに開発された本作。自機は三種類から選択することになり、装備もメインショット・ミサイル・リアショットそれぞれに三種類ずつ用意されているため、それらを効果的に組み合わせることで、プレイスタイルに合わせて自由にカスタマイズできる点が特徴である。障害物や地形にも点数判定があることからスコア稼ぎの幅が広く、難易度もそこそこに設定されているなど、バランスの取れた仕上がりとなっている。後にアケアカNEOGEOシリーズの一環として、XboxOneやPS4、スイッチなどにも原作に忠実に移植されている。なお、ゲーム名の読みは「オペレーションラグナロク」である。

本作の音楽を担当するのは並木学氏。クレジットでは氏の別名義兼愛称であるSANTARURU(さんたるる)と表記されている。氏は当時NMKに所属していて、同社がビデオゲーム事業から撤退するまでの間、そのサウンドを支えてきた作曲家である。本作ではラグナロクユグドラシルといった北欧神話由来のキーワードが多く登場することから、硬派なシューティングでありつつファンタジックな色合いもあり、そうした作風に合わせて煌びやかなテクノやレイヴ系の楽曲が揃っている。長らく音源化されてこなかったが、現在は本作単独で収録したものと、同じくNMKが開発したガンネイル(作曲は秀谷和則氏)との抱き合わせで収録されたサウンドトラックが存在する。

2面「LUNAR」および5面「SURFACE OF THE JUPITER」で流れるこの曲は、ジュリアナ東京的、ユーロビート的、ハードコアテクノ的なサウンドが混在する本作において、一際鮮やかなグルーヴを放つ一曲である。ピアノの疾走感あふれる伴奏に爽やかなシンセを組み合わせた幻想的な音使いが魅力で、月面を、あるいは木星の表面を、敵を一掃しつつ進んでいくエクスタティックな爽快感を見事に表現している。曲名に付されているSoyuz MIXという名称もまた、その独特なセンスが、90年代当時の電子音楽ブームを思い起こさせるかのごとく興を添えてくれる。

本作単独収録のサウンドトラックでは、ボーナストラックとして2曲だけ新アレンジが追加されていまして、一方は佐宗綾子さんが、もう一方は並木さん本人が編曲しています。この曲は後者のセルフアレンジの対象でして、よりシャープでヴィヴィッドな音色が扱えるようになったことで、ますますスタイリッシュさに磨きがかかった仕上がりとなっています。『Universe Blue [Lunar Walker Is Still Alive MIX]』、あわせてどうぞ。

www.youtube.com