VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#898 『オープニング』(桜庭統/斬IIスピリッツ/SFC)

www.youtube.com

ウルフチームがおくるシミュレーション・斬より、

桜庭統作曲、2スピリッツの『オープニング』(仮称)。オープニングで流れます。

上記動画の0:07から。

戦国時代を舞台にした歴史シミュレーション・斬シリーズのうち、2作目のスーファミ移植版にあたる本作。開始時に新勢力台頭(1550年~)から関ヶ原前夜(1600年~)にかけての4種類の年代のうち一つを選択し、大名はもちろん浪人や家臣など約900人の武将を主人公に天下統一を目指すことになる。戦闘面では即時に結果が表示される強襲と包囲のほか、一部ではSRPG風のHEX制で高低差がある独特なマップを取り入れていて、自分で操作することも突撃(オートバトル)で済ますこともできる。内政の比重は軽めで領土の奪い合いがメインのゲームバランスとなっている。主人公が大名以外だと取れる行動の幅が狭く攻略しづらい傾向にあるが、当時としてはまだ珍しい要素を採用した意欲作に仕上がっている。

本作の音楽を担当するのは宇野正明氏と桜庭統氏。当時ウルフチームに所属していた作曲家たちである。本作の移植元(斬II)は桜庭氏が単独で作曲しているが、本作ではなぜか初代の楽曲が全面的に使用されていて、初代については桜庭氏のデビュー作であるとともに、宇野氏も関わっている。また、移植に際してオープニングをはじめ一部楽曲が新規に差し替えられていて、桜庭氏の担当分と思われる。スーファミ用のアレンジや新曲の出来栄えは上々で、春夏秋冬の行軍フェイズは叙情的なサウンドが、戦略フェイズや合戦は一転して迫力のあるサウンドが揃っている。サウンドトラックについては、初代のX68000音源とゲームギアの移植音源を収録したものがそれぞれ存在するが、本作は音源化されていないため、曲名は便宜上の仮称とする。

映像とともに一新されたオープニングで流れるのがこの曲である。味わい深いアニメーションで戦国大名たちを紹介していくセンスのあるムービーを、ゆったりと響く重低音で彩りつつ、20秒を過ぎたあたり(上記動画の約27秒)からは高音も加わり、伴奏の分散和音が気持ち良く音階を駆け上る。夕陽の一枚絵が現れる頃にはさらにメリハリたっぷりに勇ましい旋律を紡ぎ、タイトルロゴの表示にあわせて抜群のタイミングでピークに達する。その後イントロのメロディーに回帰するが、ループしたわけではなく8小節分のアウトロを奏でて有終の美を飾る。いざ天下統一を果たさんという決意を後押しし、力強く鼓舞してくれる一曲である。

この曲を紹介してほしいというリクエストをいただきました。内容は斬2準拠ですがサウンドのみ初代仕様のようですね。以前作曲家談議でも触れましたが、斬は戦闘で流れる『乱戦』が好きです。音源は違えど原曲とも遜色のないスーファミ版、あわせてどうぞ。

www.youtube.com

thytimes.hatenablog.com