VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#006 『神よ、その黄昏よ』(金崎猛/ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王/3DS)

www.youtube.com

1992年発売のファイアーエムブレム外伝(FC)、そのリメイク作(3DS)から、

原曲・辻横由佳氏、編曲・金崎猛氏による『神よ、その黄昏よ』。

最終マップで流れる、神との決戦を描く猛々しい一曲。

もともと原曲は素朴なファミコン音源で奏でられ、さながら重厚さの限界への挑戦ともいえる勇ましい曲調が特徴的だった。この際曲の題名はいかにも事務的な『戦闘マップ5 最終MAP BGM(プレイヤー側)』というものだった。

これに実に25年の歳月を経て、現代風に一新されたシナリオやグラフィックとともに、同じく一新されつつも原曲の魅力を十二分に活かしたものが本作、最終マップの『神よ、その黄昏よ』。新たに与えられた勇壮で厳粛な曲名に違わず、そのアレンジの出来も、神々しく響くコーラスを惜しみなく使うことにより、目を見張るほどの壮美で絢爛な仕上がりとなっている。

本作では半ば喧嘩別れのような形で別行動をとる二人の主人公・アルムとセリカの両方の陣営をプレイヤーが操ることで物語は進むが、最終マップでは両陣営が合流、同じ希望を胸に、かつては栄華を極め、今は腐敗し切った混沌の神を相手に決戦を挑む。人と神との戦いのさなかで奏でられるこの曲は、過去との決別と未来への決意、血と涙の戦によってのみ変え得る歴史の凄絶さ、そのすべてが1ループ4分近くに渡る楽曲のなかに凝縮されている。

エコーズしかやったことがないのですが、原作ではベルクトが登場しないと聞いてびっくりしました。ベルクト関連のBGMはどれも素晴らしかったですね。