VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#029 『バトルテーマI』(浜渦正志/アンリミテッド:サガ/PS2)

www.youtube.com

サガ屈指の難解さを誇るゲームシステムで知られるアンリミテッド:サガより、

浜渦正志作曲の『バトルテーマI』。こう見えて通常戦闘曲です。

RPGでありながらレベルという概念をなくし、独自の路線をゆくサガシリーズロマサガ以降はフリーシナリオ形式をとり、さながら群像劇のようなオムニバス仕立てが特徴である。そのなかでも本作は、もともとシリーズを通して捻りの効いたシステムであるうえに、さらに一見さんお断りと言わんばかりの複雑怪奇なゲーム性により、奥深すぎる仕上がりとなっている。このため、2016年にサガスカが発売されるまで、実に14年もの間コンソール機向けのサガシリーズは途絶えていた(リメイクを含めると11年ぶり)。

伊藤賢治氏が作曲を担当することの多いサガシリーズにおいて、8作目のサガフロ2と合わせて本作の楽曲は浜渦氏によるものである。人を選ぶゲームシステムであるなか、音楽は万人向けと言って差し支えないほど洗練されている。特に戦闘曲まわりは場面に応じて多数用意されていて、そのどれもが圧巻の出来栄えである。ことに通常戦闘で流れるこの曲は、メインテーマからメロディを借用していることもあり、まさに本作の顔である。

捻りが効きすぎたシステムとは裏腹に、むしろ捻りがなさすぎる曲名を冠するこの曲。蓋を開けると曲名や通常戦闘というシチュエーションとのギャップを否が応でも思い知らされる美麗なバイオリンとピアノによるアンサンブルであり、透き通った旋律を得意とする浜渦氏の手腕が遺憾なく発揮されている。跳ねるように奏でられるスタッカート調のバイオリンに、雨粒のようにぱらぱらと降り注ぐピアノが加わり、どちらもギターにおけるカッティングのような奏法を用いているにも関わらず、音の切れ目を感じさせない流麗さが特徴である。

ゲーム内容は極端な賛否両論になりがちですが、音楽は全会一致の高評価でしょうね。