VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#056 『燃えるハロウィンタウン』(並木学/デススマイルズ/AC)

www.youtube.com

ケイブでは珍しい横スクロールシューティングの人気作・デススマイルズより、

並木学作曲、『燃えるハロウィンタウン』。港町のステージで流れます。

世界一弾幕STGをつくって販売した会社として知られるケイブ。2001年に異色作・プロギアの嵐で横スクロールデビューをして以来、本作は横シューの二作目となる。プロギアの嵐の硬派なスチームパンク的世界観から一転、本作はゴシックホラーを基調に、自機はすべて女の子という思い切ったゲーム性が特徴である。ケイブ作品のなかでは比較的遊びやすい難易度で、ファンタジー風の魅力的な舞台設定が功を奏して、多数の媒体に移植されるなど好評を博している。

本作の作曲を担当するのは並木学氏。多くのシューティングゲームに携わってきた氏は、シンセサイザーを活用したテクノ系のジャンルを得意とする。本作ではそこにゴシック要素を付した、どこかダウナー感漂うクラシック調の曲で構成されている。また、実際にクラシック音楽のアレンジを用いて、20世紀初頭のヨーロッパという雰囲気づくりを徹底している。

港町は本作の序盤のステージであり、ハロウィンの時期の夕刻に魔物に襲撃された町が舞台である。イントロではストリングスとコーラス、不気味に響く男の声でムードを盛り上げ、そこから荘厳さを感じさせるチャーチオルガンが続く。エレキギターの音色とともにハイテンポで疾走感あふれる旋律を奏でることにより、迫りくる敵を一掃する爽快感と、魔女たちの悲壮な使命を的確に表現している。

本作の稼働開始の時期もハロウィンに合わせて、というところにこだわりを感じます。