VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#118 『ナナシ ノ テエマ』(祖堅正慶/ナナシ ノ ゲエム/NDS)

www.youtube.com

スクエニ発のホラーアドベンチャーナナシノゲエムより、祖堅正慶作曲、

『ナナシ ノ テエマ』。メインテーマにして、作中のゲームで流れる街の曲。

「そのゲームをプレイすると、一週間以内に必ず死ぬ」という曰くつきの呪いのゲームに挑むことになった主人公が、数々の怪奇現象に遭遇しながら生き残るべく真相へと迫る本作。本作はレトロRPGをプレイする2Dモードと、現実世界で奔走する3Dモードの両方を行きつ戻りつしてプレイするスタイルで、ボリュームのすくなさやシナリオの粗などが問題視されつつも、DSの特性を活かした意欲作として一定の評価を得ている。

本作の音楽を担当するのはルイーズ野間こと祖堅正慶氏。ルイーズ野間というのは作中の登場人物のことで、呪いのゲームにおけるサウンドコンポーザーという立ち位置である。バグやノイズがちらつくゲームに合わせて流れるBGMも不協和音になるなど、音楽関連の演出は凝っていて、そのほか3Dモードにおいても足音や環境音といったリアル志向なサウンドが、恐怖心を煽る仕上がりとなっている。

呪いのゲームの、ひいては本作のメインテーマに該当するこの曲は、ドラクエなどのファミコン時代のスクエニRPGを彷彿させるレトロでクラシックな音使いが特徴である。水に恵まれたヴァルナの街を想起させる、笛のような透明感のある音色と、心地良く響き渡る伴奏のアルペジオが、素朴な情緒を生み出す。不協和音アレンジやオーケストラアレンジ、次作ではジャズアレンジまで、メインテーマにふさわしい多種多様なアレンジが施されている。

オケアレンジはもはやドラクエそのものですよね。作風を模倣しながら完成度の高い音楽をつくりだすとは、さすがです。『ナナシ ノ テエマ [オーケストラ]』(上)と、続編の目より、ちょっぴり官能的な雰囲気を漂わせる『ナナシ ノ テエマ [ジャズバージョン]』(下)、あわせてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com