VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#135 『ジャッジメント』(いとうけいすけ/銃声とダイヤモンド/PSP)

www.youtube.com

かまいたちの夜で知られる麻野一哉氏が手掛ける交渉ADV・銃声とダイヤモンドより、

いとうけいすけ作曲、『ジャッジメント』。交渉の大詰めで流れます。

弟切草かまいたちの夜などに携わり、サウンドノベルというジャンルを開拓した麻野一哉氏がシナリオ監修と演出を務める本作。近未来の東京を舞台に、凶悪犯罪への対抗手段として設立された警察庁交渉準備室、通称ゼロ課に所属する主人公は、陰謀渦巻く様々な怪事件に挑むことになる。リアルタイムで進行するスリリングな交渉と、それを彩る味のあるグラフィックと印象的な演出、本格的な刑事ものさながらの怒涛のシナリオが、やがて本作のタイトルの意味を考えさせてくれる。

本作の音楽を担当するのはノイジークロークのいとうけいすけ氏。氏は交渉という一風変わったテーマに合わせてすべての曲を単独で作曲した。氏の掲げる基本的なスタンスである「映像と音楽のリンク」に重点を置いた本作の楽曲は、どれも緊張感あふれるゲーム性にマッチした良曲揃いである。バンドネオンを主軸に据えた、一癖も二癖もあるタンゴ調のリズムが、交渉を大いに盛り上げる。

交渉もいよいよ佳境を迎え、クライマックスに差し掛かったところで流れ出すのがこの曲である。勢いのあるバイオリンから始まり、ピアノとバンドネオンの短音が醸す張り詰めた空気感のなかを踊るような軽快さで走り抜ける。それを追うようにバンドネオンのソロパートが加わると、今度はバイオリンが細かく切り刻まれた短音を高速で奏で、息もつかせぬ昂揚感を演出する。じりじりと長引く交渉の鬱憤を晴らすような豪快な解放感が、激しさのなかに確かなカタルシスを感じさせる。

メインテーマの『銃声とダイヤモンド』のメロディーを取り入れているあたり、いかにも大詰めって感じですね。メインテーマに関しては、ふわーっと繰り返しバイオリンの高音を響かせるところがとても好き。というわけで参考までにどうぞ。

www.youtube.com