VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#224 『深夜廻~メインテーマ』(大山曜/深夜廻/PS4・PSV)

www.youtube.com

日本一ソフトウェアがおくる夜道探索アクション・深夜廻より、

大山曜作曲、『深夜廻~メインテーマ』。エンディングで流れます。

夜の怖さをテーマにした夜廻の続編として登場した本作。花火を見に出かけた二人の少女・ユイとハルは、道に迷った挙句に離れ離れとなってしまい、再会と帰還を目指して何者かが潜む夜の街を探索することになる。闇夜の底知れぬ恐怖はそのままに、本作では二人の視点を入れ替えながら進行する点が特徴である。また、前作よりグラフィックが強化され、室内での冒険も加わり、さらには新アクションも追加されたことで、探索の幅が大きく広がった。後に夜廻と抱き合わせでスイッチ、PC、アプリ向けに移植された。

本作の音楽を担当するのは大山曜氏。音楽制作会社ZIZZ STUDIOに所属する作曲家である。前作同様、本作の音という音は軒並み環境音で構成されているが、これも前作同様に、スタッフロールのみメインテーマが用意されている。前作で作曲を務めた古賀美香氏がつくりあげた幻想的な世界観を、大山氏は本作でもしっかり受け継いでいる。サウンドトラックは通販限定の特別版に前作の楽曲とともに収録されている。

エンディングのみならずPVでも流れたこの曲は、ピアノの独奏から始まり、徐々にストリングスを交えて力強く展開していく本作のメインテーマである。『夜廻~メインテーマ』よろしく儚げな三拍子で奏でられる扇情的な曲調は、新たにバイオリンを主旋律に据えたことで、前作とは異なる印象を与える。クラシック調の複雑なピアノに、伴奏としてストリングスを加えた前作メインテーマと、シンプルなピアノを下敷きに、メインメロディーを華美なバイオリンに任せた本作メインテーマとで、同じコンセプトを共有しつつ、違ったアプローチで夜と深夜を描き分けている。恐ろしくも美しい宵闇の世界を綺麗に表現した一曲である。

2分ちょうどあたりで一旦音が止んで溜めるところ、すごく心揺さぶられます。

thytimes.hatenablog.com