VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#226 『ドルピックタウン』(近藤浩治/スーパーマリオサンシャイン/GC)

www.youtube.com

任天堂がおくる3Dアクション・スーパーマリオサンシャインより、

近藤浩治作曲、『ドルピックタウン』。ドルピックタウンで流れます。

マリオシリーズのうち、3Dアクションの礎を築いたとされる名作・スーパーマリオ64の流れを汲んだ続編として登場した本作。今度のマリオは南国のリゾート地・ドルピック島を舞台に、街中のいたるところにあるラクガキをポンプ片手に清掃しつつ、消失したシャインを取り戻すこととなる。本作の肝となる水を噴射するポンプアクションは、前方に放水するだけでなく浮遊したりダッシュしたりするのにも応用でき、独特な癖のある操作が特徴である。水の残量と相談しながら攻略するステージギミックの手強さゆえに全体的な難易度は高めだが、アクションの奥深さと洗練された水の描写と相まって上質な仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは近藤浩治氏と田中しのぶ(現姓は永田)氏。64までは近藤氏が単独で全曲担当していたが、本作以降は他のメンバーと共同で作曲することとなる。本作ではぎらぎらと太陽が照りつけるドルピック島にふさわしい、常夏の雰囲気を醸す楽曲が揃っている。ヨッシー搭乗時にはBGMがすこし変化するといったインタラクティブな要素も見受けられる。サウンドトラックは本作単体では存在しないが、ニンドリの付録や30周年記念盤に厳選されたいくつかの楽曲が収録されている。

ドルピックタウン、本作の拠点となる島一番の大都会にて流れるこの曲は、南国の和やかな風情を目一杯漂わせた一曲である。涼やかなアコーディオンのイントロから始まり、陽気なアコースティックギターの音色が加わって曲が展開していくと、音数がすくないながらも弾けるような楽しさが伝わってくる。ドルピックタウン南欧風の景観の美しさと、水を噴射するポンプアクションの面白さが、この曲に余すことなく詰め込まれている。ヨッシー搭乗時は上記動画の1分28秒以降、ボンゴによる愉快なパーカッションパートが追加されることで、さらにリズミカルにバカンス気分に浸ることができる。

夏と言えばこれでしょう。聴くだけで心が躍る、大好きな曲です。