VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#269 『Malicious Roses』(阿知波大輔/よるのないくに/PS3・PS4・PSV)

www.youtube.com

ガストがおくる美少女×従魔×RPGよるのないくにより、阿知波大輔作曲、

『Malicious Roses』。旧伯爵邸ローズガーデンの曲で、意味は「悪意のある薔薇」。

大正もののけ異聞録以来12年ぶりのガスト完全新作として登場した本作。中世ヨーロッパを思わせる時代背景のもと、吸血の力を得て人にあらざる者となった半妖の少女・アーナスと、彼女の幼馴染にして世界を救うための生贄に選定された聖女・リュリーティスが織り成す儚い運命と愛の物語が紡がれる。戦闘システムは従魔と呼ばれる使い魔を操りながら戦うハクスラ系のもので、爽快さを追求すべく四種類までセットできる従魔の組み合わせを練るのも一興である。

本作の音楽を担当するのは浅野隼人氏、阿知波大輔氏、柳川和樹氏といったガストおなじみの作曲家たち。ゴシック調のダークファンタジーを彩るにあたって、陰鬱なオーケストラや神秘的なコーラスはもちろん、スタイリッシュで派手なロックサウンドまで揃っている。オリジナルサウンドトラックはプレミアムボックス限定特典で、単体で入手することはできないが、それとは別にサウンドチーム選りすぐりの楽曲に加え、新規アレンジをも収録したセレクションCDが発売されている。

初めて本格的な探索に出向くことになる旧伯爵邸ローズガーデンは、美しく植えられた樹木が特徴の、かつてとある伯爵の邸宅だった巨大な庭園である。そこで流れるこの曲は、ハープシコードの華やかな音色と妖艶なコーラスによるイントロで、まずメランコリックな空気を整える。20秒あたりでエレキギターが登場し、40秒過ぎで満を持して主旋律が奏でられると、その悲壮なメロディラインがさらに退廃的な雰囲気に磨きをかける。邪悪さのなかに繊細さと力強さが両立した雄勁な一曲である。

ストレートにかっこいいけど、どこか冷たくて棘があるような感じもして、曲名がよく合っていますね。