VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#309 『終末の谷』(坂本昌一郎・安井洋介・矢野雅士/NARUTO -ナルト- 激闘忍者大戦!4/GC)

www.youtube.com

岸本斉史著の忍者バトル漫画「NARUTO」を原作とする、

トミーがおくる3D対戦格闘ゲーム・ナルト激闘忍者大戦より、

坂本昌一郎・安井洋介・矢野雅士作曲、4の『終末の谷』。

同名のステージで流れます。

いつか火影と呼ばれる里の長になることを夢見る落ちこぼれ忍者のうずまきナルトが、様々な出会いや別れを通じて成長しつつ、やがては忍界規模の凄絶な陰謀に巻き込まれていく物語を描く人気少年漫画「NARUTO」。そのキャラクターゲームとして登場した激闘忍者大戦シリーズのうち、4作目にしてゲームキューブ最後の作品にあたる本作では、原作の綱手探索編からサスケ奪還編あたりまでをベースにしている。GC最終作ということでそれまでシリーズに登場したステージがすべて収録されているほか、複雑な操作をできるだけ廃したシンプルで爽快感のあるゲーム性は、なかなか良好なバランスを保っていて、集大成にふさわしい仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは坂本昌一郎氏、安井洋介氏、矢野雅士氏の三名。いずれも当時スーパースィープに所属していた作曲家たちで、このうち安井氏はシリーズ一作目から携わっている。矢野氏は2以降、坂本氏は本作が初の参加で、1から3まで作曲を手がけてきた細江慎治氏と佐宗綾子氏に関しては本作には不参加である。忍者と格ゲーという組み合わせから連想される通り、シリーズの楽曲は和ロックが大半を占めていて、過去作のBGMが多数収録されているなか、本作オリジナルの楽曲は相変わらず力作揃いである。

終末の谷とは、最強と謳われた二人の忍者の壮絶な攻防の末に、大地が抉れてできた断崖絶壁の地形である。そこでの戦闘において流れるこの曲は、雅な琴の音と武骨なエレキギターが融合して奏でられる、荒々しくも風流な魅力に満ちた一曲である。イントロが明けると伴奏から主旋律へと転じるストリングスの音色は、小刻みに響くドラムとあわせて非常に疾走感のあるメロディーを生み出し、続いて現れる、深遠で渋みの効いた笛の音が、わびさびの心と呼応するかのごとく、奥底に秘めたる闘争心を呼び醒ます。最終決戦の地にこれ以上ないくらいベストマッチした熱いサウンドが、少年漫画らしい直球の格好良さにあふれている。

激闘忍者大戦はだいだいどれも曲が良いですが、個人的にはこれがイチ押しです。それぞれの楽器が加わるタイミングが抜群に冴えていて、思わず武者震いがしそうなくらいです。