VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#329 『神の使い』(浜渦正志/チョコボの不思議なダンジョン/PS)

www.youtube.com

スクウェアが手がけるローグライクダンジョンRPG

チョコボの不思議なダンジョンより、浜渦正志作曲、『神の使い』。神竜戦の曲。

FFシリーズのマスコット・チョコボを主人公に、不思議のダンジョンシリーズのローグライク要素を組み合わせた本作。本作は硬派でシビアな雰囲気で知られる不思議のダンジョンとは一線を画するライトなつくりとなっていて、FFの世界観を踏襲し、おなじみのモンスターや魔法などが登場する独自のゲーム性が魅力である。シリーズ化もされていて、今冬には時忘れの迷宮以来およそ10年ぶりに待望の新作が発売される予定である。

本作の音楽を担当するのは浜渦正志氏。発売当時の1997年、スクウェアに入社したばかりの新人で、本作が初めて単独で作曲した記念すべき作品である。氏は後にFF本編でも作曲で参加することになる。本作ですでに氏の特徴とも言うべき、オーケストラ調の透明感あふれる作風が確立されつつあり、切なくも美しい楽曲の数々がチョコボシリーズのサウンドの基礎を築き上げている。

神竜、FF5で初登場した強敵との戦闘で流れるのがこの曲である。神竜は本作においては第3ダンジョンの88階に居座る隠しボスとして登場し、圧倒的な力で襲いかかってくるが、この曲はそうした状況に一見そぐわないとすら感じられる、戦闘曲らしからぬ煌びやかな音使いが印象的である。きらきら輝く木琴の旋律に、跳ねるような軽快さを誇るピアノの音色、さらには幻想的なストリングスの伴奏が加わることで、ポップで可愛らしい空気感をつくり出し、繊細で儚げな雰囲気が漂う。そうでありつつも、その活き活きとした瑞々しい曲調からは生命の躍動感が想起され、戦闘曲と言って連想され得るような激しさとは無縁だが、神竜戦というシチュエーションに見事にマッチした独特な力強さが窺える。

キュートだけど案外シリアス、というチョコボシリーズらしさがとてもよく表現されていますね。