VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#667 『Rising Sun』(弘田佳孝/シャドウハーツII/PS2)

www.youtube.com

ノーチラスがおくるRPGシャドウハーツより、

弘田佳孝作曲、2の『Rising Sun』。日本街で流れます。

クーデルカの系譜を継ぐシャドウハーツシリーズのナンバリング2作目として登場した本作。前作のバッドエンドから半年後、第一次大戦下の欧州各地および大日本帝国を舞台に、最愛の恋人を亡くした主人公ウルが再び悪魔や死者再生をめぐる悲劇に巻き込まれることになる。ジャッジメントリングを主軸に据えた戦闘システムはそのままに、新たに攻撃を強化したり攻撃回数を増やしたりできるリングカスタムや連携、コンボなどの新要素が多く搭載されている。シナリオは前作以上にギャグ成分が強くなっているなか、物語そのものの悲痛さも増していて、独特な味わい深さを感じられる仕上がりとなっている。後に追加要素を加えたディレクターズカット版が発売された。

本作の音楽を担当するのは伊藤賢治氏、小林友子(井元ともこ)氏、弘田佳孝氏、光田康典氏である。このうち弘田氏と光田氏は前作でも携わっていて、弘田氏は引き続きメインコンポーザーを務めている。ディレクターズカット版の追加曲もすべて弘田氏が手がけている。どこかダークでオリエンタルな雰囲気を醸す世界観にあわせて、本作でも種々様々なジャンルの音楽を取り入れた豊かなサウンドが揃っていて、なかには弘田氏、光田氏、伊藤氏の三人による合作の戦闘曲もあるなど、挑戦的な姿勢を窺うことができる。サウンドトラックは2枚組で発売されていて、ディレクターズカット版の追加曲は次作のプレミアムBOX特典のCDに収録されている。

物語後半にいよいよ足を踏み入れることになる大日本帝国の街で流れるのがこの曲である。大正の帝都の雅やかな情景を表現するかのごとく、美しくなだらかに奏でられるピアノの音色が印象的で、いかにも和風な空気感を漂わせる音階が、優しく寄り添う笛の音と相まって安らかな印象を与える。嫋やかで淑やかな旋律は、その静けさのなかに確たる芯の強さを感じさせ、ゆっくりと、しかし着実に、帝都を遍く照らす陽が昇る様子を彷彿させる。

似たような雰囲気のピアノ曲として挙げられる『犬神の里』(作曲は光田さん)とあわせて、素敵な癒しをもたらしてくれますね。一緒にどうぞ。

www.youtube.com