VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#191 『Mystic Core』(Falcom Sound Team jdk/英雄伝説 碧の軌跡/PSP)

www.youtube.com

日本ファルコムがおくるストーリーRPG英雄伝説より、

Falcom Sound Team jdk(宇仁菅孝宏・園田隼人・籾山紗希)作曲、

碧の軌跡の『Mystic Core』。終盤のオルキスタワー中枢にて流れます。

英雄伝説シリーズのうち、軌跡シリーズの5作目にあたる本作。前作(零の軌跡)の一連の事件から間もなく、解決に大きく貢献したロイド率いるクロスベル警察特務支援課は、再び魔の手が迫るクロスベルを救うべく立ち上がることになる。前作の直接の続編かつ後編として、キャラや世界観、システムの多くを引き継いでいるなか、新要素として戦闘中に味方の行動順を劇的に早めたり詠唱なしで魔法を使えたりするバーストが導入されたほか、フィールド上で破壊可能かつアイテムが入手できるブレイクオブジェクトなどが登場した。シナリオ面では前作と本作で連綿と受け継がれてきた伏線と謎をうまく消化しつつ、次に向けて期待を募らせるような情熱的な出来映えで、総じて非常に手堅くまとまった仕上がりとなっている。後にフルボイス化してVitaに移植された。

本作の音楽を担当するのはおなじみファルコムお抱えのサウンドチーム・Falcom Sound Team jdkの面々。今回のメンバーの内訳は宇仁菅孝宏氏、園田隼人氏、籾山紗希氏で、この三名が作曲を、いくつかの曲に関しては外注作家の神藤由東大氏が編曲をおこなっている。また、Vita版のEvolutionでは神藤氏および岡島俊治氏により全曲フルアレンジという豪華な仕様となっている。本作では毎度おなじみの爽快で力強い楽曲が勢揃いしていて、前作や前々作からの過去曲もところどころ採用することで、軌跡シリーズらしい統一感を出している。サウンドトラックはオリジナルのものとEvoのアレンジされたものがそれぞれ発売されている。

オルキスタワーで流れるのがこの曲である。遥か上空まで聳え立つ地上40階の超高層ビルとして、大陸で一際存在感を放つなか、終章に訪れることになるというタイミングも相まって、その音の一つ一つが鋭い緊張感をはらんでいる。ピアノとストリングスが高度に混ざり合ったシンフォニックな音使いは、透き通るような清涼感と、身も心も引き締まるような切迫感を漂わせる。Evoのアレンジでは、序盤からエレキギターを取り入れることにより、原曲と比べて重量を増したヴィヴィッドな仕上がりとなっていて、明瞭に響き渡る旋律は、浮遊感を保ちつつも焦燥感を色濃く滲ませている。

適度に心地良い緊張と焦燥というのがよく表現されていますね。Evoのアレンジもあわせてどうぞ。

www.youtube.com