VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#001 『10番道路』(景山将太/ポケットモンスター ブラック・ホワイト/NDS)

www.youtube.com

新年あけましておめでとうございます。

第一曲目は、ゲームフリークがおくるRPGポケットモンスターより、

景山将太作曲、ブラック・ホワイトの『10番道路』。同名のマップで流れます。

ポケモンシリーズのうち、本編の第5世代として登場した本作。イッシュ地方を舞台に、150種類を超える新たなポケモンたちとともに冒険を繰り広げていくことになる。シナリオクリアまで既存ポケモンが一切登場せず、ストーリーもポケモン人間性の在り方を問うシリアス寄りな作風になるなど、従来の路線とは異なる斬新さが目立つ。戦闘面ではワイヤレス通信を使って手軽に世界中のプレイヤーとオンライン対戦が可能になったほか、トリプルバトルなどの新ルールが追加され、わざマシンの仕様が使い切りから使用無制限に変更されるなど、意欲的な要素も多い。総じて心機一転の改革に乗り出した仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは足立美奈子氏、一之瀬剛氏、景山将太氏、佐藤仁美氏、増田順一氏の五名。いずれも当時ゲームフリークに所属していたか現在も所属している作曲家である。このうち足立氏は本作がシリーズ初参加、景山氏も(本作以前にHGSSの編曲を担当したが)本編シリーズで初めて作曲している。イッシュ地方のモチーフがアメリカということもあって、本作ではワールドミュージックを取り入れるなど、既存のシリーズサウンドの方向性にとらわれない自由で多彩な楽曲が揃っている。サウンドトラックは短いジングルやボーナストラックとしてのアレンジも含めて収録されている。

物語終盤、チャンピオンロードへと続く最後の道である10番道路で流れるのがこの曲である。手前に位置するソウリュウシティの、ブラック版ならポストモダンな、ホワイト版ならノスタルジックな曲(どちらも一之瀬氏による作曲)から、ゲートを越えて一転、この曲はソウリュウの哀愁を引き続き漂わせつつもドラマチックに展開していく。独特なペーソスに満ちた切なくも力強い旋律は、いよいよ冒険の終わりが近付きつつある状況をひたすら叙情的に悲愴感たっぷりに表現している。

個人的にはチェレンの心境を表しているような気がする一曲です。『ソウリュウシティ』との相乗効果があってこそ映えると思うので、両バージョンを聴き比べてご堪能ください。

www.youtube.com

www.youtube.com

thytimes.hatenablog.com