VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#144 『Albireo』(阿知波大輔/リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜/PS4・PSV・NS)

www.youtube.com

ガストがおくる錬金術RPG・アトリエより、

阿知波大輔作曲、リディー&スールの『Albireo』。黒の地平線での戦闘曲。

(※単曲動画が見つからないため、16分ループです)

錬金術をテーマに、初代のマリーのアトリエ以来脈々と続いてきたアトリエシリーズ。20周年記念作にして19作目の本作は、ソフィー・フィリスに続く不思議シリーズの第3弾にして完結作である。絵のなかの世界を探索するというメルヘンチックなストーリー、エスカ&ロジー以来のダブル主人公、それも今度は双子の姉妹であり、数多くの歴代キャラの出演といったファンサービスに加え、改良された調合システムなどが、本作の集大成としての完成度を高めている。

本作の音楽を担当するのはおなじみガストの面々。シリーズの立役者である阿知波大輔氏やロロナ以降に携わっている柳川和樹氏、ソフィー以降の矢野達也氏を中心に、浅野隼人氏や阿部隆大氏、小林美代子氏、富沢泰氏、豊田亜矢子氏など、多数の作曲家が一堂に会している。本作では国一番のアトリエを目指す健気な双子にふさわしいキュートな曲のほか、絵画の世界に広がるバラエティ豊かなフィールドに合わせた種々様々な楽曲が揃っている。リディー操作時とスー操作時で曲の一部が変化するなど、遊び心を感じさせるからくりも用意されている。サウンドトラックはインストのものとボーカルのものとで分かれて発売されている。

一面黒塗りの絵画、そのなかに広がる世界は漆黒に包まれた常闇の廃墟。メインシナリオの大詰めで訪れることになる採取地・黒の地平線での戦闘にて流れるこの曲は、ストリングスを全面に押し出した緊張感あふれる一曲である。黒の地平線のフィールドにて流れる『深理への決意』のシリアスな流れを汲んだ儚くも壮大な曲調が特徴であり、決して後戻りはできぬ強い意志を漂わせている。チェンバロとストリングスがせめぎ合うなか、民族調の笛の音やサビの直前できらりと輝く鈴の音が、閉ざされた闇の世界でも希望の光を灯し続ける双子の勇姿を彷彿させる。

黒塗りの廃墟、というアイディアそのものがとても好きで、そこにさらにこの曲ですから、相乗効果ですごく気に入っています。