VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#160 『One Final Effort』(Martin O'Donnell・Michael Salvatori/Halo 3/X360)

www.youtube.com

Bungieがおくるファーストパーソンシューティング・Haloより、

Martin O'Donnell・Michael Salvatori作曲、3の『One Final Effort』。

The Covenantのミッションで流れます。

FPSの金字塔であるHaloシリーズのナンバリング3作目にして、第1作から第3作までのオリジナル・トリロジーの完結作にあたる本作。人類最強の戦士・マスターチーフは、「大いなる旅立ち」を掲げて地球を蹂躙する異星人・コヴナントのうち、その目標に不信を抱いて人類と手を組むことにしたエリート族のアービターとともに、すべての決着をつける戦いに挑むことになる。三部作の最終作に違わず、マスターチーフを中心に繰り広げられる壮大なシナリオは、本作にて一旦終止符を打たれることとなった。良好なバランスで充実したマルチプレイ要素、美麗さに磨きがかかったグラフィック、ゲームのリプレイを任意の視点で鑑賞できるシアターモードなど、堅実にまとまった仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのはMartin O'Donnell氏とMichael Salvatori氏の両名。ともに第1作から作曲に携わっていて、本作でもその神秘的で荘厳な音使いに特徴づけられるヘイローサウンドは健在である。前作ではそこにロック要素を散りばめていたが、本作ではオーケストラ調に回帰している。サウンドトラックはいくつかの組曲に分かれていて、過去2作のアレンジも数多く収録されるなど、完結作にふさわしい出来栄えとなっている。

『Three Gates』、『Black Tower』に続いてThe Covenantの第三楽章にあたるこの曲は、コヴナントのミッションで流れる一曲である。イントロはピアノで『This is the Hour』を奏で、そこからシリーズ通してのメインテーマ『Halo Theme』に切り替わる。前作の『Unyielding』との共通点が多く見受けられ、さらに前々作の『Truth and Reconcilation Suite』にも類似性があることから、さまざまな楽曲を組み合わせて一つの音楽にまとめあげた様子が窺える。その起伏に富んだドラマチックでメロディアスな曲調は、まさにケリをつける時が来たと言わんばかりの迫力に満ちている。

いろいろ関連する曲が多いのでつい欲張ってたくさん曲名を挙げてしまいましたが、ここは……『Halo Theme』と『Unyielding』を以下に紹介するとしましょう。どちらもヘイローらしさあふれる力強さと美しさが両立した逸品です。

www.youtube.com

www.youtube.com