VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#186 『シンリョクの森』(いとうけいすけ・川越康弘・村上徳子/ポケモン超不思議のダンジョン/3DS)

www.youtube.com

XYまでの720種すべてが登場するシリーズの集大成・ポケダン超より、

いとうけいすけ・川越康弘・村上徳子作曲、『シンリョクの森』。

最初から二番目に訪れるダンジョンの曲。

ローグライク型の不思議のダンジョンポケモンが融合したポケダンシリーズ。ひょんなことからポケモンになってしまった主人公が、ポケモンの世界で出会ったパートナーと一緒に救助隊や探検隊を結成するという共通の筋書きのもと、毎度質の高い感動的なストーリーが好評を博している。本作はシリーズ5作目にして集大成と銘打った大作で、発売当時までに登場していたポケモン全種が総出演する超ボリュームは、ファンの期待を裏切らない十分な仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのはノイジークロークよりいとうけいすけ氏、川越康弘氏、村上徳子氏の三名。このうち川越氏はすでにノイジークロークを退社している。いとう氏は時闇から、川越氏はマグナゲートからの続投で、比較的若手の村上氏は本作がシリーズ初参戦である。ゲーム内では恒例のジュークボックスからBGMを試聴でき、過去作の音楽も収録されている。ダンジョン曲を中心に、冒険心をくすぐる粒揃い良曲が多く、ことにラスボス戦は、シリーズ最高峰の名曲『けっせん!ディアルガ』と肩を並べる必聴の出来栄えである。

チュートリアルダンジョンであるジョバンとうげを抜けた先、何者かに追われながら踏み入ることになるシンリョクの森は、鬱蒼とした緑に覆われた最序盤のダンジョンである。操作方法の手ほどきを受け、ようやく始まる本格的な冒険の地で流れるこの曲は、イントロから一切の予断を許さぬ、張り詰めた空気感を漂わせる一曲である。ストリングスの低音とフルートの高音が入り乱れて奏でられる旋律は、未知への恐怖と期待を絶妙なバランスで滲ませていて、先のジョバンとうげで流れる軽やかで愉快な曲調から一転、壮大な冒険の幕開けを予感させる。

個人的にはポケダンシリーズのみならずゲーム音楽全体を鑑みてもトップクラスの名曲だと思っています。魂をぐっと鷲掴みされるほどの没入感があって、プレイした当時は息を呑んだものです。さて、必聴と言いながらも、ラスボス戦に関してはいつか別の記事で紹介したいので、以下にあげるのは『ジョバンとうげ』にしましょう。

www.youtube.com