VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#231 『世界の果て』(岩垂徳行/グランディア/SS)

www.youtube.com

ゲームアーツがおくるRPGグランディアより、

岩垂徳行作曲、『世界の果て』。タイトル画面で流れます。

セガサターン発の大作RPGとして登場した本作。「世界の果て」と呼ばれる天高くそびえる巨大な壁が発見されたことで、もはや冒険者たちの時代が過ぎ去った世界を舞台に、それでもなお冒険を夢見る少年・ジャスティンは、古代遺跡の見学をきっかけに冒険者として旅立つことになる。等身大の少年少女が繰り広げるオーソドックスな成長譚が特徴で、コマンド式でターン制ながらも敵味方の位置や動きが影響を及ぼす、アルティメット・アクションバトルシステムが導入されている。2Dキャラに3D背景を組み合わせた画期的で親しみやすいグラフィックと相まって、冒険活劇の魅力が詰まったセガサターン屈指の名作に仕上がっている。

本作の音楽を担当するのは岩垂徳行氏。音楽制作会社ツーファイブに所属している作曲家で、シリーズ通して単独で作曲をおこなっている。本作や続編の2では音楽関連の賞も受賞している。本作の楽曲は、いずれも王道を極めたファンタジーの世界観にぴったりなオーケストラサウンドを採用していて、思わずわくわくするような、世界の広さを感じさせる雄大な音使いを堪能することができる。サウンドトラックは2種類に分けて収録されている。

タイトル画面の曲であり、いくつかの重要なイベントシーンでも流れるこの曲は、『グランディアのテーマ』に次ぐ第二のメインテーマとも言うべき曲である。冒険を夢見る主人公一行の好奇心旺盛な様子を丸ごと表現したかのような壮大さが、音の隅々にまで反映されている。バイオリンやトランペット、フルートやハープ、数々の楽器が織り成す繊細で優美な旋律は、鳴り止んだかと思ったら2分14秒あたりで再出発し、今度は臨場感たっぷりの勇ましい音色を響かせる。ちょうど1分後、3分14秒では再び落ち着いた曲調へと戻ると、そこから曲の終わりに向けて最後の盛り上がりを示し、夢を抱き続けることの偉大さを心に強く刻みつける。

グランディアのテーマ』もいつか個別記事が書けると良いですが、ここでも掲載しておきます。あわせてどうぞ。

www.youtube.com