VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#399 『Re-Sidence』(ZARIGANI/REVOLVER360 RE:ACTOR/PC)

www.youtube.com

クロスイーグレットが手がける回転式シューティング・REVOLVER360より、

ZARIGANI作曲、リアクターの『Re-Sidence』。2面道中で流れます。

同人サークル・クロスイーグレットの処女作にして代表作であるREVOLVER360の続編にあたる本作。一見避けられそうにもない弾幕を、回転式拳銃のリボルバーのように空間そのものを回すことで、回避あるいは一掃する新感覚のSTGである。本作は前作と比べてボリュームが増え、全4面構成を順番通りに攻略するオーソドックスなRE:ACTORモード、一つのステージを遊び尽くすSECTOR:DIVEモード、50問のお題をクリアしていくCHALLENGEモードの三種類から選べるようになった。どこまでも蒼く澄み切った世界のなか、とことんまで破壊の快感に酔いしれることのできる仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのはZARIGANI氏。ZARIGANI.REC名義でも知られる作曲家である。氏はクロスイーグレットが制作した作品に軒並み携わっていて、前作から引き続き本作でも単独で作曲をおこなっている。蒼で統一された美しくも退廃的なグラフィックにあわせて、本作の楽曲はそうしたイメージに沿った洗練されたテクノサウンドが取り揃えられている。ちなみに本作はゲームを購入するともれなくサウンドトラックがついてくるという大盤振る舞いな仕様である。

2面道中で流れるこの曲は、第一音目から張り詰めた雰囲気を漂わせた一曲である。1面は何を表しているか定かではない抽象的なオブジェが林立する浮世離れしたステージだが、2面はより現実に近い、道路や高層ビルやネオンサインが煌めく都会が舞台で、分岐次第では四方八方すべてが真っ赤に染まったトンネルをくぐるシーンもある。そうしたメリハリの利いた構成を象徴するかのごとく、この曲ではセンスあふれる音使いが複雑に絡み合っている。主旋律にディレイを多用することにより、残響がもたらすグルーヴが心地良く、都会を縦横無尽に駆け巡る疾走感と、容赦なく襲いかかる弾幕地獄を掻い潜る緊張感が、ひとまとめに表現されている。

Residenceは住居、ですが、良い意味で住居感が皆無ですね。ブレードランナーみたいな近未来的で妖しげな街並み、すごく好きです。