VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#473 『The Witches' Forest』(塩田信之・高濱祐輔/Kick Master/NES)

www.youtube.com

キッドがおくる日本未発売のラスタースクロールアクション・Kick Masterより、

塩田信之・高濱祐輔作曲、『The Witches' Forest』(仮称)。Sector 1で流れます。

日本国内のメーカーであるキッドが開発しタイトーが発売した、NES(海外ファミコン)向けの本作。魔女にさらわれた王妃を救うべく、蹴り技を駆使して立ち向かうことになる。全8面からなるラスタースクロール要素ありの横スクロールアクションで、敵を倒すことで経験値を得て成長できるなど、一部RPG的なプレイフィールとなっている。1992年というかなり遅い時期に登場したからか、グラフィックの描き込みが凄まじく、実に多種多様な攻撃パターンを持つ個性豊かなボスとのキックアクションも楽しめる。

本作の音楽を担当するのは塩田信之氏と高濱祐輔氏。塩田氏は当時キッドに所属していた作曲家で、高濱氏はこの時期の前後にデータイーストにアルバイトとして所属していた作曲家である。両名とも本作以前にアクションやRPGなどでの作曲経験があるため、それらのジャンルのいいとこどりをした本作にふさわしいメリハリに富んだ楽曲を生み出している。魔女やガーゴイルが登場するいかにも中世ファンタジー風の世界観に、マーシャルアーツ一筋で挑むストイックなゲーム性が相まって、浮世離れしつつも徹底的に硬派なサウンドが揃っている。残念ながらサウンドトラック等は現在に至るまで未発売のため、曲名は便宜上の仮称とする。

Sector 1、すなわち1面のThe Witches' Forestは、悲劇的なオープニングデモの末に訪れることになる最初のステージである。鬱蒼と茂る魔女の森で流れるこの曲は、ラストステージの曲として用いられていても不思議ではないほど抜群の緊張感と焦燥感に満ちた一曲である。重低音から徐々に高音に移行していき、後ろから支えるような形でドラムが鳴り響くことで、大きな盛り上がりを見せ、ループするたびに一段と熱気がこもっていくような出来栄えとなっている。ドラムにあわせてリズミカルに蹴り技を繰り出したくなる独特な中毒性も感じられる。

ちなみに実際のラストステージことBelzed's Haunted Towerの曲はゴシックホラー調の荒ぶる高音が印象的なもの(例えるなら悪魔城のボス戦『Poison Mind』をアップテンポにしてステージ用にアレンジしたような感じ)でして、魔女の根城としての雰囲気がよく表現されています。あわせてどうぞ。

www.youtube.com