VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#064 『平原と空』(三浦憲和/幻想水滸伝ティアクライス/NDS)

www.youtube.com

中国の奇書・水滸伝をモチーフに繰り広げられる幻想水滸伝シリーズより、

三浦憲和作曲、世界観を一新した6作目にあたるティアクライスから、『平原と空』。

シトロ平原で流れるフィールド曲。

108人の仲間とともに戦乱を生き抜くというコンセプトの幻想水滸伝シリーズ。1作目から5作目までは同一の世界線上の物語だったが、本作は新章という名目で百万世界という並行世界を舞台にしている。従来にない心機一転の世界で紡がれるシナリオは、ときに幻水らしい陰鬱な展開を交えながら、個性豊かな登場人物たちも相まって高い完成度を誇る。

入れ替わりがすくなくない幻水シリーズにおいて、本作の楽曲を担当するのは総勢十名以上の作曲家たちである。そのうち三浦憲和氏のみ過去作(4作目および外伝のRhapsodia)での作曲経験があり、比較的多くの曲が氏によるものである。他方でElements Gardenや青木佳乃氏、岩田匡治氏などによる音楽も、それぞれ新章ならではの味のある音使いが好評を博している。

ストーリーの最序盤、シトロ平原で流れるこの曲は、フィールド曲らしい開放感たっぷりな旋律が特徴である。アコースティックギターの上を自由自在に駆け巡る笛の音が、この先に待ち受ける冒険の幕開けを告げる。風を思わせる透明な音使いは、今までのシリーズにここぞとばかりに新風を吹き込むという本作の意気込みを感じさせる。

最初の音から引き込まれますね。こういう音楽は大好物です。