VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#232 『泡沫』(MANYO/アカイイト/PS2)

www.youtube.com

サクセスがおくる和風伝奇アドベンチャーアカイイトより、

MANYO作曲、『泡沫』。各ルートの最終局面で流れるイベント曲。

日本神話に基づく和の世界観のもと、少女と少女の瑞々しい友情と繊細な心の動きを描いた本作。唯一の肉親だった母親を失い、遺品整理のために生まれ故郷の田舎へと帰省した女子高生・羽藤桂は、自身に流れる贄の血により、妖を惹きつける特殊な体質を持っていることを知り、運命に翻弄されることになる。計32個にも及ぶシナリオ分岐が特徴で、ときに悲劇的な結末を迎えたり、吸血描写などのグロ要素も含んだりする。美しくも残酷な世界観と、女の子同士の官能的な描写とが相まって、百合ゲーの傑作として知られている。

本作の音楽を担当するのはMANYO氏。当時Little Wingに所属していた作曲家で、PCゲームを中心にインストゥルメンタルもボーカルも数多く手がけている。本作でも主題歌を含めて全曲単独で作曲していて、透明感のある独特な作風に沿った良曲揃いである。サウンドトラックについては、通常のもののほか、とりわけ人気のある2曲(『いつかのひかり』『泡沫』)のボーカルアレンジを収録したイメージCDもあり、いずれも主題歌を歌った霜月はるか氏がボーカルを務めている。

その人気曲の片割れであるこの曲は、物語終盤、ラストバトルのシーンで流れる一曲である。ピアノとハープとギターとフルートによる幻想的なイントロから始まり、終始穏やかで物静かな曲調を貫きつつも、そこには確固たる芯の強さが感じられる。ストリングスによる伴奏を背景に、ピアノからギターへ、ギターからフルートへと変遷していく主旋律は、移ろいやすい儚さと、それでも逆境に屈しない力強さを兼ね備えている。その癒しの音使いは、和楽器を用いることなく、作中に漂う和の雰囲気を表現している。

素材が良いのでそこに霜月さんのボーカルが合わさるとなかなか素敵なことに。ストリングス要素をかなり強めて、そこに甘く鮮やかな歌声が加わることで、原曲とはまた違った上品さがあります。あわせてどうぞ。

www.youtube.com