VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#325 『シェンムー ~莎木~』(光吉猛修/シェンムー 一章 横須賀/DC)

www.youtube.com

セガがおくるFREEアクションアドベンチャーシェンムーより、

光吉猛修作曲、『シェンムー ~莎木~』。本作のメインテーマでエンディング曲。

多大な製作費をかけてハードの制約の限界を突き破る、当時としては極めて斬新なリアル志向のオープンワールドアドベンチャーとして登場した本作。横須賀を舞台に、武術の達人である父を目の前で殺され、敵討ちを目論む青年・芭月涼が、異国へと旅立つまでの過程を描いている。Full Reactive Eyes Entertainment、通称FREEと呼ばれる新ジャンルを提唱し、全編フルボイスであるだけに留まらず、街の隅々まで、住民一人一人の生活ルーチンまで丁寧に練り込まれた圧倒的なつくり込みが、何よりの魅力である。壮大な内容だが、全11章構成のうち本作では第一章のみを収録していて、本作単体では全体の物語のほんの導入に過ぎぬ仕上がりとなっている。後に1&2リマスター版がPS4用に登場した。

本作の音楽を担当するのは井内竜次氏、古代祐三氏、新田忠弘氏、光吉猛修氏、村田理氏、柳川剛氏、渡辺俊幸氏などの複数の作曲家たち。光吉氏と村田氏はセガ所属の、古代氏、井内氏、柳川氏は音楽制作会社エインシャント所属の、新田氏はマイクロキャビン(本作の開発に一部携わっていたらしい)所属の作曲家であり、超大作にふさわしい錚々たる精鋭たちが揃っている。シェンムーでは一章こそ横須賀で物語が進むが、次作以降は香港へと舞台を移すため、悠久の歴史を誇る大陸を思わせるエキゾチックな楽曲もすくなくない。サウンドトラックはイベント曲を中心に収録されているが、未収録のものも多く、実際にゲーム内で使われた曲数は200を超えるとのことである。

本作のメインテーマであり、一章を終えただけではタイトルの意味を理解することすらままならないこの曲は、中国の伝統楽器である二胡を中心に据えた雅な一曲である。本作では登場せず、続編で明らかになることだが、シェンムー(莎木)とは大樹の名前であり、ヒロインのシェンファ(莎花)との関連性を匂わせる本作の鍵である。ピアノの落ち着いた伴奏とともに奏でられる伸び伸びとした旋律は、洋々と流れる大河を、麗しく咲き誇る花盛りの大樹を彷彿させる。その艶やかで美しい音使いは、未だ謎に包まれた物語の行方を占うかのごとく、内に秘めた力強さを感じさせる。

ダイナミックな曲の展開が特徴の、神奈川フィルによるオーケストラ版もあわせてどうぞ。

www.youtube.com