VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#797 『Garden Of The Dragon』(Kai/Wonderland Wars/AC)

www.youtube.com

セガがおくるオンライン協力対戦アクション・ワンダーランドウォーズより、

Kaiこと甲斐孝博作曲、『Garden Of The Dragon』。龍宮の園で流れます。

童話をモチーフにしたアーケード用の完全新作タイトルとして登場した本作。シンデレラや白雪姫、浦島太郎などの伝承をもとにしたおとぎ話の主役たちは、闇の軍勢に対抗すべく戦うことになる。ジャンルはMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)というリアルタイムストラテジーの一種で、4vs4の最大8人で協力と対戦をしながら、キャストと呼ばれるキャラを操作して自軍の拠点を守りつつ敵軍の本陣を攻めていく。筐体に付属するタッチペンを用いた直感的なアクションが特徴で、レーンで区切られたマップ上にて、キャスト(プレイヤー)同士の戦闘はもちろん、自動で出撃NPCの兵士たちとも戦争を繰り広げる。ハイファンタジーの世界観と高い戦略性とが絡み合って、奥深い魅力を持つ仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは主にKai(甲斐孝博)氏。ほぼKai氏が単独で手がけているため、少数の作編曲に留まるが、穴山大輔氏、尾池智史氏、藤本多恵氏、Kenji Mizuno氏も参加している。いずれもセガに所属する作曲家たちである。本作ではおとぎ話と戦記ものの要素を掛け合わせた重厚なシンフォニックサウンドが多く、幻想的でありながら激しい曲調のものが揃っている。また、大半の曲のはじめに「ワンダーランド」というコーラスが入るのが特徴で、統一感のある雰囲気づくりを徹底している。サウンドトラックはイベントのたびに新曲が追加されるのに応じて複数種類存在するが、キャンペーン限定の非売品もすくなくない。

稼働開始初期から存在するマップの一つ・龍宮の園で流れるのがこの曲である。水底にに沈む和の景観が映える園で、オーケストラと和楽器が融合した雅やかなアンサンブルが印象的である。イントロこそおなじみの洋風なコーラスで始まるが、笛の閑雅な主旋律に、三味線やギターの伴奏が重なることで、和洋の垣根を越えたメルヘンチックな異国情緒を漂わせる。激しく、凛々しく、美しく響き渡るその音使いは、どこを取ってもサビと言えるほど華麗な盛り上がりを保ち続け、再び「ワンダーランド」のコーラスが入って仕切り直す直前の1分54秒からのフレーズにて、「ハッ!」というを声をリズミカルに挿入することで、ますます目が覚めるような躍動感を生み出す。惚れ惚れするような艶やかさに満ちた一曲である。

和とファンタジーと戦闘曲という魅力的な題材をすべて楽曲のなかに落とし込んだようなイメージです。そのうち全曲網羅したフルサントラが出てくれないかな、とひそかに期待しています。