VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#129 『プレジューヌ』(田中公平/GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動/PSV)

www.youtube.com

SCEがおくる重力アクションアドベンチャーGRAVITY DAZEより、

田中公平作曲、『プレジューヌ』。歓楽街プレジューヌで流れます。

SCEの完全新作として登場した本作。重力嵐の脅威にさらされる空中都市ヘキサヴィルを舞台に、記憶喪失の少女・キトゥンは重力を操る猫・ダスティとの出会いを経て重力使いとなり、嵐とともに現れた謎の怪物・ネヴィと戦って奪われた街を奪還することになる。重力を自在に操り、あらゆる方向を下と定義することで自由落下の感覚、重力的眩暈を堪能できる陶酔的なアクションが特徴で、どこへでも移動できる広大でシームレスなフィールドと相まって、圧倒的な快感を生み出している。スチームパンクな世界観と、随所に挟まれるカートゥーン仕立てのイベントシーンが、本作の洗練された雰囲気づくりに大きく寄与している。後にPS4にも移植された。

本作の音楽を担当するのは田中公平氏。主にアニメや映画にて数多くのヒット曲を生み出してきた氏は、ゲームにおいてはサクラ大戦シリーズなどを手がけていることで知られている。同じくスチームパンクというコンセプトを共有する作品同士、本作でもそのノウハウを活かしたスマートでハイセンスな楽曲が多くなっている。と同時に、作品全体に漂うフレンチなテイストに合わせて、ヨーロピアンな風情をも併せ持つ。サウンドトラックは主題歌も含めて2枚組で発売されている。

歓楽街プレジューヌは、仄暗い街並みにネオンの灯りが煌々と輝く夜の街。怪しげな魅力がいっぱいの街で流れるこの曲は、裏拍のビートとピアノの華麗な音色から始まり、そこに開放的なバイオリンが加わることで、どことなく官能的な響きを持つ。ジャズやスウィングを想起させるサックスのようなしなやかな音色に、フラメンコ調のギターを添えることで、異国情緒をたっぷりと含んだスタイリッシュな仕上がりとなっている。思わず小躍りしたくなる恍惚なメロディーは、重力操作が生み出す浮遊感にさらなる快感をもたらす。

スチームパンク、いいですよね。続編のアレンジがこれまた素敵でして、ビッグバンド風の豪華絢爛な音使いが非常にエクスタティック。2より『プレジューヌ (Revisit Ver.)』、あわせてどうぞ。

www.youtube.com